[調査・レポート]

国内IT投資、大企業を中心に成長 金融緩和政策や円安の恩恵

2014年1月7日(火)IT Leaders編集部

IDC Japanは2014年1月7日、企業ITの国内市場規模について、2013年上半期の分析と2013年~2017 年の予測を発表した。

調査によれば、2013年は景気の回復によって企業の業績が改善し、多くの企業でIT支出が伸びた。従業員数1000人以上の大企業は、2013年のIT支出額が6兆5523億円(前年比 1.2%)、1000人未満の中堅中小企業は、2013年IT支出額が3兆5328億円(前年比0.2%)と予測する。

金融緩和政策や円安の恩恵の差が両者の差につながったと分析している。この傾向は2014年も続く。大企業は、クラウド、モビリティ、ビッグデータ、ソーシャル技術を中心に積極的にIT投資額を増加させる。一方、中小企業は資金不足、人材不足がIT投資を阻む。それらの要因を克服する ITソリューションが必要と指摘する。

図:国内 IT 市場 企業規模別 支出額予測:2011年~2013年
(出典:IDC Japan「国内 IT 市場 産業分野別 企業規模別 2013 年上半期の実績と 2013 年~2017年の予測」)

 

 

関連記事

国内IT投資、大企業を中心に成長 金融緩和政策や円安の恩恵IDC Japanは2014年1月7日、企業ITの国内市場規模について、2013年上半期の分析と2013年~2017 年の予測を発表した。

PAGE TOP