[事例ニュース]

マブチモーター、営業案件管理システムを導入

2014年1月10日(金)IT Leaders編集部

マイクロソフトが2014年1月10日に発表した。

 営業案件の情報共有をグループウェアで行ってきたが、このほどCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)を新たに導入した。2012年より営業案件管理業務の改革プロジェクトを実施しており、今回の導入もその一環。営業プロセスを数値で具体的に管理することで、営業社員の意識改革を図る。

 システム名称は「MISSION」。マイクロソフトのクラウドサービス「Dynamics CRM Online」をベースにした。2013年3月にパイロット導入を開始、同年9月に全世界の拠点への導入を完了した。セールスエンジニアを含むすべての営業社員と、営業スタッフ部門の一部の社員が利用する。

 同社は、小型モーターを製造・販売するメーカー。日本、中国、台湾、韓国、シンガポール、欧州、米国の7か国10か所の販売拠点と、中国やアジアに12か所の生産拠点を持つ。

関連記事

マブチモーター、営業案件管理システムを導入マイクロソフトが2014年1月10日に発表した。

PAGE TOP