[事例ニュース]

三菱重工、ファイルサーバー35TBの整理に着手

2014年1月20日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

ジャストシステムが2014年1月20日に発表した。

 数年前より、情報システム部門による一元管理を目指し、社内のファイルサーバーの統合を進める。その一環で、ファイルサーバー内の不要データの整理にも着手した。

 支援ソフトを利用し、長期間使用していないファイル、内容が重複しているファイル、バージョン違いのファイルなどを洗い出し、削除したり、アーカイブしたりする。

 IT部門で試験的にソフトを導入したところ、1週間で約20%のデータを削減できた。今年度中に、3部門でデータの整理作業を実施する予定。その後、順次、全社に展開する。現在、全社で約35TBあるファイルサーバーのデータを、20~30%ほど削減したい考えだ。

 製品は、ジャストシステムのファイルサーバー統合管理システム「GDMS(Green Document Management System)」を採用した。不要ファイルの洗い出し機能や、分析結果のレポート機能を評価した。

導入システム ファイルサーバー
導入目的 ファイルサーバーの不要データ削除
業種 製造業
導入時期 2014年3月までに3部門で導入
主な利用製品 ジャストシステム「GDMS(Green Document Management System)」

 

関連記事

三菱重工、ファイルサーバー35TBの整理に着手ジャストシステムが2014年1月20日に発表した。

PAGE TOP