[事例ニュース]

横浜F・マリノス、チーム運営にWindows AzureとSurfaceを活用

2014年1月23日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

日本マイクロソフトが2014年1月23日に発表した。

 Windows Azure上のチーム内動画共有サービスに、試合や練習の映像を保存。選手やコーチにマイクロソフト製タブレット端末「Surface」を配布し、遠征先や移動中に動画を閲覧できるようにする。個人のスキルアップや、チームの戦術確認の効率化などの効果が期待できるとしている。ユースカテゴリーなどの育成世代からサービスを利用する。

 横浜F・マリノスはこのほど、日本マイクロソフトとスポンサー契約を締結。あわせて、マイクロソフトのクラウドサービスやタブレットを使って、チーム運営も効率化にも着手した。

関連記事

横浜F・マリノス、チーム運営にWindows AzureとSurfaceを活用日本マイクロソフトが2014年1月23日に発表した。

PAGE TOP