コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

住友生命、全国の400拠点にWeb会議システムを導入

2014年1月23日(木)IT Leaders編集部

住友生命保険はパナソニックのWeb会議システム「リアルタイムコラボレーション」を導入した。導入を支援したパナソニックソリューションテクノロジーが発表した。

 住友生命保険は6年前からテレビ会議システムを使っていたが、システム更改を機に、PCで会議を実施できるWeb会議システムへの移行を決めた。

 全国400拠点に会議システムを導入し、打ち合わせや社員研修などに用いる。全国に点在する営業担当者の教育レベル向上、もしくは均一化する効果を見込む。

 クラウド型の会議システムに刷新したことで、運用コストを削減する。これまでのテレビ会議システムの場合、専用機が必要になるなどの理由で、会議拠点を増やす際にはコストが膨らんでいた。

 パナソニックの過去の実績や信頼性などを評価した結果、「リアルタイムコラボレーション」を採用した。

関連記事

住友生命、全国の400拠点にWeb会議システムを導入住友生命保険はパナソニックのWeb会議システム「リアルタイムコラボレーション」を導入した。導入を支援したパナソニックソリューションテクノロジーが発表した。

PAGE TOP