[インタビュー]

「BRMSとBPMの密接な連携で顧客の課題を解決する」─レッドハットが最新製品を投入へ

2014年1月23日(木)IT Leaders編集部

複雑な業務ルールや制約条件を加味した上で最適解を導くBRMS(ビジネスルール管理システム)。市場が活況を呈する中で、この分野に注力する1社がレッドハットだ。来日したキーマンに最新製品などの話を聞いた。

ビジネス競争の激化に伴って、企業はさまざまな製品/サービスを追加。その裏側では業務遂行上のルールや制約条件なども、複雑さを増している。この状況にスピーディーに対応する策として、業務アプリケーションから業務ロジックを切り出し、それをBRMS(ビジネスルール管理システム)で管理しようという動きがある。

この分野に力を注いでいるベンダーの1社がレッドハット。米国本社からキーマンが来日したのを機に最新動向をインタビューした。対応者は、ミドルウェアビジネスユニットでJBoss BRMS/BPM Suite製品の責任者を務めるPrakash Aradhya氏と、同製品のマーケティングマネージャを務めるPhil Simpson氏だ。

写真 JBoss BRMS & BPM Suite 製品責任者 Prakash Aradhya氏(左)とマーケティングマネージャ Phil Simpson氏(右)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「BRMSとBPMの密接な連携で顧客の課題を解決する」─レッドハットが最新製品を投入へ複雑な業務ルールや制約条件を加味した上で最適解を導くBRMS(ビジネスルール管理システム)。市場が活況を呈する中で、この分野に注力する1社がレッドハットだ。来日したキーマンに最新製品などの話を聞いた。

PAGE TOP