[新製品・サービス]

IBM、基幹業務向けのフラッシュストレージ最新版を発表

2014年1月24日(金)IT Leaders編集部

日本IBMは2014年1月24日、フラッシュストレージの新製品「IBM FlashSystem 840」を発表した。同日より販売、出荷を開始する。

写真:今回発表したフラッシュストレージ「IBM FlashSystem 840」
写真:今回発表したフラッシュストレージ「IBM FlashSystem 840」

 IBM FlashSystem 840は、データベースサーバーや仮想化/クラウド基盤といった、高い信頼性を要求するシステム向けのフラッシュストレージ。最新版は、I/O処理性能を強化。従来版「FlashSystem 820」と比較して、約2倍にあたる110万IOPSに高速化した。

 インターフェースも増やした。40GB QDR InfiniBandに加え、16GB/秒対応のファイバーチャネル、10GBFCoEを備える。2Uの筐体に最大48TBのストレージ容量を搭載できる。ストレージI/Oのボトルネックを解消し、システム全体を高速化することで、データ分析時のレスポンス改善や、サーバーの集約度向上を図った。

 その他、マイクロコードの更新やコンポーネントの交換を稼働中に行えるようにした。システムを停止することなくメンテナンスできる。AES-XTS 256ビットの暗号化にも対応する。

 最小構成価格は1576万円(4TB、Single RAID、1年保証)。日本IBMおよびIBMパートナーから販売、出荷を開始する。

 IBMのパートナー13社は、「IBM FlashSystem」と構築サービスを組み合わせたソリューションを展開する。データベース(Oracle DatabaseやMicrosoft SQL)、VDI(VMware Horizon View)、データ・マイニング(SAS)、ERP(SAP)などを導入する際、「IBM FlashSystem」を使用する予定。

関連記事

IBM、基幹業務向けのフラッシュストレージ最新版を発表日本IBMは2014年1月24日、フラッシュストレージの新製品「IBM FlashSystem 840」を発表した。同日より販売、出荷を開始する。

PAGE TOP