[技術解説]

【責任と醍醐味】テクノロジーへの感度を磨き、高次元の期待に応える

2014年1月28日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部)

経営とITは不可分と言われながら、実務を担う人々がスポットライトを浴びる機会は少ない。もとをたどれば、CIOをはじめとするリーダーの存在感が薄いのではないか。IT戦略を統括する「責任と醍醐味」を考える。  

経営とITとの距離感がぐっと近くなり、両者は不可分とも言われる。IT部門は、ビジネスに欠かせない各種の情報システムをつつがなく運用し、これから必要となるものについては事業部門のニーズを聞き入れて開発プロジェクトを押し進めている。確かに、IT部門の機能なくして会社は回らない。

しかし、厳しい競争下で企業が順当な収益を上げ、社会に貢献していくという文脈において、IT(部門)はもっと高い次元での期待に応え得るものだ。高度なデータ分析から知見を得て最善策を導く、顧客に対しこれまでにない豊かな体験を提供する…とかく耳に触りのよい言葉が並びがちになってしまうが、要は「ITで新しいビジネスの形を創っていく取り組みなくして競合と戦えない時代が到来している。裏を返せば、それを可能とする魅力的なテクノロジーが次々に登場しているとうことでもある」(ガートナー ジャパンのエグゼクティブ パートナー、長谷島眞時氏)。<参考:長谷島眞時氏の寄稿記事

そんな状況下、これからを勝ち抜くすべ、つまりは具体的な戦略を誰が定めるか。実はここが、相変わらず曖昧なままの気がしてならない。「経営陣はITの価値を軽視している、IT部門は“所与の案件ありき”が習い性になっている…。仮にそんな状況が依然としてあり、指揮官不在ということであれば憂慮すべき事態。すぐに打開策を打たなければならない」とウェッジ・コンサルティング代表の矢坂徹氏は指摘する。IT戦略を統括する人、その責任と権限、ミッションが明確になっていなければ、目指すべき方向に歩を進めているかどうかが結局はうやむやになり“学習する組織”に変容しない。<参考:矢坂徹氏の寄稿記事

CIOというプロフェッショナルとしての職務や人材市場が確立している米国とは事情が異なる日本。テクノロジー領域の“土地勘”を備え、日頃、経営陣や事業部門などとの間で組織横断的なコミュニケーションパスがあるという点で、IT部門のトップや統括役員が実質的リーダーとして機能するのが多くの企業における現実解と思われる。乗り越えるべき壁があるとしたら、「ビジネスを考え創る」という、これまでコミットしていなかった、ややもすると得意としない分野のスキルだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

デジタルビジネス

関連記事

【責任と醍醐味】テクノロジーへの感度を磨き、高次元の期待に応える経営とITは不可分と言われながら、実務を担う人々がスポットライトを浴びる機会は少ない。もとをたどれば、CIOをはじめとするリーダーの存在感が薄いのではないか。IT戦略を統括する「責任と醍醐味」を考える。  

PAGE TOP