ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[インタビュー]

「モバイル・ファーストが使い勝手を決める」クラウドストレージの米Bitcasa CEO

2014年1月28日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

ストレージのクラウド・サービスを手がける米Bitcasaがユーザー数を伸ばしているという。2014年第1四半期には、企業向けサービスも開始する。米Dropboxなど先行するストレージ・サービス事業者が多い中で、どう差異化を図っているのか。ブライアン・タペッチCEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)に、Bitcasaの仕組みや企業向けサービスの内容などについて聞いた。(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

米BitcasaのCEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)を務めるブライアン・タペッチ氏
米BitcasaのCEO(Chief Executive Officer:最高経営
責任者)を務めるブライアン・タペッチ氏

――競業他社が先行する中で、Bitcasaの差異化点は何か。

 「モバイル・ファースト(Mobile First)」でサービスを設計していることである。当社は2年前に起業したが、競合他社は5年から15年も前に起業している。当時は、モバイル・ファーストという考え方は全くなかったか、今日ほどには浸透していなかった。結果的に、現在のモバイル環境での使い勝手が大きく違ってくる。

 具体的には、競合他社の仕組みでは、クラウド上に保存したデータを複数のデバイスにコピーすることで、どのデバイスからもデータが参照できるようにしている。Bitcasaは、データはクラウド上に1つしか存在せず、それを複数のデバイスから必要なときにアクセスする仕組みだ。

 各デバイスが搭載しているディスク容量に制限されることなく、クラウドを手元のデバイスのディスクと同じ感覚で利用できる。これが、Bitcasaのサービスを「バーチャル・ハードディスク」と呼ぶ理由である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

「モバイル・ファーストが使い勝手を決める」クラウドストレージの米Bitcasa CEOストレージのクラウド・サービスを手がける米Bitcasaがユーザー数を伸ばしているという。2014年第1四半期には、企業向けサービスも開始する。米Dropboxなど先行するストレージ・サービス事業者が多い中で、どう差異化を図っているのか。ブライアン・タペッチCEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)に、Bitcasaの仕組みや企業向けサービスの内容などについて聞いた。(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

PAGE TOP