[調査・レポート]

2014年のIT市場規模は14兆1584億円、IDC Japanが予測結果を発表

2014年1月30日(木)IT Leaders編集部

IDC Japanは2014年1月30日、ハードウェア、パッケージソフト、ITサービスの国内市場規模を発表した。2014年の市場規模と、2012年から2017年にかけての市場の推移を公開した。

 2014年のハードウェア、パッケージソフト、ITサービスを合わせた市場規模は14兆1584億円で、成長率は前年と比べて0.0%と予測する。内訳は、ハードウェアの市場規模が6兆3934億円(前年比成長率は-3.2%)、パッケージソフトの市場規模が5兆981億円(前年比成長率は+1.8%)、ITサービスの市場規模が25兆4658億円(前年比成長率は+0.1%)となる。

図:2012年から2017年の国内IT市場規模(出典:IDC Japan)

 IDC Japanによると、市場規模が横ばいなのはハードウェア市場のマイナス成長が寄与しているという。ハードウェアの更新需要がちょうど谷間を迎えることから成長率はマイナスに転じる。パッケージソフトとITサービスの市場規模がプラス成長だとしても、合算すると横ばいになる。

 2017年の国内IT市場規模は14兆3971億円で、2012年から2017年の年間平均成長率は0.8%になると予測する。ハードウェアの市場は伸びないものの、クラウドやモバイル、ビッグデータ、ソーシャル市場は7.3%で成長するため、市場全体の規模は微増する。IDC Japanでは今後、ハードウェアに代わってクラウドやモバイル、ビッグデータ、ソーシャルに投資する割合がさらに増えると見ている。

関連記事

2014年のIT市場規模は14兆1584億円、IDC Japanが予測結果を発表IDC Japanは2014年1月30日、ハードウェア、パッケージソフト、ITサービスの国内市場規模を発表した。2014年の市場規模と、2012年から2017年にかけての市場の推移を公開した。

PAGE TOP