[事例ニュース]

みずほ銀行、スマートフォンで銀行口座を開設できるアプリを提供開始

2014年2月12日(水)IT Leaders編集部

みずほ銀行は2014年1月29日、「みずほ銀行かんたん口座開設アプリ」を提供開始した。これは、個人顧客がスマートフォンのカメラで運転免許証などの本人確認書類を撮影。その画像データを申し込みデータとともに送信するためのアプリである。プロジェクトを支援した東芝ソリューションが2014年2月12日に発表した。  

従来、個人顧客が新規に口座を開設するには、銀行の店頭に出向いて対面で手続きするか、申込書に本人確認書類を添えて郵送する必要があった。今回のアプリを利用することにより、顧客はスマートフォン上で銀行口座開設の申し込みを完結できるようになる。

新アプリは、東芝ソリューションがクラウド上で提供する文字認識サービス「クラウド版免許証OCR」と連携し、利便性を高めている。文字認識サービスは、アプリから送られた本人確認書類の画像データから氏名や生年月日、住所を読み取り、その結果をアプリに返す。アプリはそれらを申込書の該当項目に自動登録することで、顧客の入力の手間を省く。クラウド上の文字認識サービスは、読み取った項目同士を紐付けしない仕組み。このため、個人を特定することは難しく、個人情報として漏洩するリスクは少ないという。

みずほ銀行かんたん口座開設アプリは、大日本印刷と東芝ソリューションが共同開発した。Android OSとiOSに対応する。Android OS向けアプリは、大日本印刷が開発したアプリ解析・改ざん検知機能を組み込んでいる。

プロジェクトの概要
ユーザー名 みずほ銀行
業種 金融
導入システム スマートフォン向けアプリ
導入目的 個人顧客の利便性向上
導入時期 2014年1月
主な利用製品 口座開設アプリ(大日本印刷と東芝ソリューションによる共同開発)
関連キーワード

みずほ銀行 / 大日本印刷

関連記事

みずほ銀行、スマートフォンで銀行口座を開設できるアプリを提供開始みずほ銀行は2014年1月29日、「みずほ銀行かんたん口座開設アプリ」を提供開始した。これは、個人顧客がスマートフォンのカメラで運転免許証などの本人確認書類を撮影。その画像データを申し込みデータとともに送信するためのアプリである。プロジェクトを支援した東芝ソリューションが2014年2月12日に発表した。  

PAGE TOP