[調査・レポート]

国内PC市場、2013年の出荷台数は1562万台、法人向けと家庭向けで明暗

2014年2月12日(水)IT Leaders編集部

IDC Japanは2014年2月12日、日本国内のクライアントPC市場出荷実績値を発表した。対象期間は、2013年第4四半期(10月~12月)と、2013年(1月~12月)。

 2013年の年間出荷台数は1562万台(前年比0.2%増)。内訳は、家庭市場が586万台(同比22.3%減)、ビジネス市場が976万台(同比21.4%増)だった。

 家庭向け市場では、タブレットと需要を分け合って出荷台数が減少した。ビジネス市場では、経済状況に改善の兆しが見えること、Windows XPのサポートが2014年4月に終了することなどから、企業がPCの買い替えに動いたと思われる。

 市場環境の差はベンダーの業績も明暗を分けた。ビジネス市場に強いデルは、Windows XPの買い替え需要を捉え、前年比28.5%の166万台を出荷した。一方、家庭市場向け出荷比率が高いソニー、エイサー、エイスースは、マイナス成長となった。

図1:2006年~2013年の国内PC市場出荷台数/前年成長率
表1:2013年の国内PC市場ベンダー別出荷台数
図2:2013年第4四半期 国内クライアントPC出荷台数トップ5ベンダーシェア、対前年成長率
関連記事

国内PC市場、2013年の出荷台数は1562万台、法人向けと家庭向けで明暗IDC Japanは2014年2月12日、日本国内のクライアントPC市場出荷実績値を発表した。対象期間は、2013年第4四半期(10月~12月)と、2013年(1月~12月)。

PAGE TOP