[インタビュー]

「ネットワーク界にLinux革命を起こす」米Cumulusの共同創業者

2014年2月14日(金)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

ネットワーク機器用のLinux OSを開発・提供する米Cumulus Networksが日本市場にも本格的に進出する。伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と販売代理店契約を結び、2014年2月13日から製品販売を開始した。Cumulusは、米Facebookが提唱するOpen Compute Project(OCP)や、OSS(Open Source Software、オープンソース・ソフトウェア)のクラウド構築用ソフトの「OpenStack」のコミュニティなどにも参加する。CumulusのネットワークOSが目指すところなどについて、共同創業者であるノーラン・リークCTO(Chief Technology officer、最高技術責任者)と、ビジネス開発のトップを務めるウイリアム・チョー氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=ITLeaders編集部)

米Cumulus Networks共同創業者でCTO(Chief Technology officer、最高技術責任者)であるノーラン・リーク氏(右)と、ビジネス開発のトップを務めるウイリアム・チョー氏
米Cumulus Networksの共同創業者でCTO(Chief Techー
nology officer、最高技術責任者)のノーラン・リーク氏
(右)と、ビジネス開発のトップを務めるウイリアム・
チョー氏

――ネットワークOS「Cumulus Linux」の提供を2013年6月に正式にアナウンスした。

リーク氏:2010年1月から活動をスタートしてきたが、2013年6月にCumulus Networksを正式に立ち上げだ。それまで、Cumulus Linuxを提供するためのソフト開発や構成などを検討すると同時に、先行ユーザーとなる実環境への導入などにも取り組んできた。2012年10月には、ネットワーク・スイッチを1万台規模で利用するネットワークも稼働させている。

 この間、米Facebookが提唱する次世代データセンターのための標準化活動である「Open Compute Project(OCP)や、IaaS(Infrastructure as a Servoce)構築用ソフト群のOSS(Open Source Software、オープンソース・ソフトウェア)である「OpenStack」といったコミュニティに参加し、ネットワークOSの標準化にも取り組んできた。ルーティング・プロトコルやLinuxカーネルを最適化した結果をコミュニティに還元している。

チョー氏:企業としての立ち上げは最近だが、既に米VMwareや米Broadcomなどの大手がパートナーになっている。直近では、2014年2月に米Dellともパートナシップ契約を結んでいる。今回、日本企業としては初めて、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と提携した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

「ネットワーク界にLinux革命を起こす」米Cumulusの共同創業者ネットワーク機器用のLinux OSを開発・提供する米Cumulus Networksが日本市場にも本格的に進出する。伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と販売代理店契約を結び、2014年2月13日から製品販売を開始した。Cumulusは、米Facebookが提唱するOpen Compute Project(OCP)や、OSS(Open Source Software、オープンソース・ソフトウェア)のクラウド構築用ソフトの「OpenStack」のコミュニティなどにも参加する。CumulusのネットワークOSが目指すところなどについて、共同創業者であるノーラン・リークCTO(Chief Technology officer、最高技術責任者)と、ビジネス開発のトップを務めるウイリアム・チョー氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=ITLeaders編集部)

PAGE TOP