[事例ニュース]

信州大学、スパコンを活用して次世代の造水・水循環システム確立を急ぐ

2014年2月14日(金)IT Leaders編集部

信州大学は、ナノテクノロジーを用いた造水・水循環システムの実現に向けた研究・開発に、富士通製のスーパーコンピュータを活用することを決めた。2014年2月13日、富士通が発表した。新システムの稼働予定は2014年7月である。  

近年、世界人口の増加に伴って生活用水や工業用水、農業用水の確保が重要な課題となりつつある。信州大学はこれを解決する革新技術として、ナノカーボンに注目。研究開発構想を推進している。
 
ナノカーボンとはその名の通り、直径がナノメートル単位の炭素粒子で構成される物質。海水や油を含む水から異物をろ過する働きを期待できる。ナノカーボンを用いた膜を実用化できれば、海から水資源を得たり、廃水を再資源化するといったことが可能になる。
 
ただし、ナノカーボン膜の開発には複雑な解析やシミュレーションが不可欠だ。そのために求められる演算処理は膨大であり、従来の技術では事実上、不可能だった。
 
そこで今回、信州大学はスーパーコンピュータシステムの導入に踏み切った。新システムは「PRIMEHPC FX10」1台と、PCサーバー16台で構成する。PCサーバーは、「PRIMERGY RX200 S8」。PRIMEHPC FX10の理論演算性能は6.758テラフロップス。
 
プロジェクトの概要
ユーザー名 信州大学
業種 学校法人
導入システム スーパーコンピュータシステム
導入目的 ナノカーボンによる造水・水循環システムの実現に向けた研究開発
導入時期 2014年7月
主な利用製品 「PRIMEHPC FX10」、「PRIMERGY RX200 S8」(ともに富士通製)

 

関連記事

信州大学、スパコンを活用して次世代の造水・水循環システム確立を急ぐ信州大学は、ナノテクノロジーを用いた造水・水循環システムの実現に向けた研究・開発に、富士通製のスーパーコンピュータを活用することを決めた。2014年2月13日、富士通が発表した。新システムの稼働予定は2014年7月である。  

PAGE TOP