[調査・レポート]

全世界のモバイルデータ通信量は2018年に190エクサバイトに、シスコ調べ

2014年2月14日(金)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

シスコシステムズは2014年2月14日、モバイルデータ通信に関する調査レポート「Cisco Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast for 2013 to 2018」を発表した。同調査は、米シスコが2014年2月5日に発表した。

 調査によれば、全世界のモバイルデータ通信量は今後4年間で約11倍に増加、2018年には年間190エクサバイト(=10億ギガバイト)に達する。この数値は、2000年にインターネットで通信されたデータ量の190倍に当たる。全世界の人々が、毎日画像データを15枚ずつ、あるいは動画データを1本以上送り続けると、1年間で190エクサバイトになるという。

 通信量が増加する背景には2つある。1つは、デバイス数の増加だ。2013年から2018年の間、モバイルユーザー数は41億人から49億人に増え、モバイルデバイスの数は80億台になる。M2M(Machine to Machine)の拡大や、ウェアラブルデバイスの増加も、通信量を押し上げる要因の1つ。2018年には、20億台の機器がモバイルデータ通信するようになる見込み。このうち、ウェアラブルデバイスが1億7690万台程度を占める。

 通信量増加のもう1つ理由は、モバイル通信の高速化だ。世界のモバイルネットワークの速度は、2013年から今後4年間で、1.4Mbpsから2.5Mbpsに高まる。通信速度が速くなれば、それだけリッチなコンテンツが流通するようになる。その代表例が動画。2013年時点で、モバイル通信に占めるビデオの割合は53%。2018年には、69%まで増える見込みだ。

 モバイルデータ通信の増加率が最も高いのは、中東とアフリカ。2013年から2018年の間に通信量が約14倍になる。通信量が最も多いのは、アジア太平洋地域。1カ月あたり、6.72エクサバイトの通信が発生すると見られる。

関連記事

全世界のモバイルデータ通信量は2018年に190エクサバイトに、シスコ調べシスコシステムズは2014年2月14日、モバイルデータ通信に関する調査レポート「Cisco Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast for 2013 to 2018」を発表した。同調査は、米シスコが2014年2月5日に発表した。

PAGE TOP