[事例ニュース]

千葉銀行が東京拠点ビルにデジタルサイネージ、話題提供で集客につなげる

2014年2月17日(月)IT Leaders編集部

店舗に設置するデジタルサイネージでは、自社商品の説明一辺倒になりがち。千葉銀行は、地場の観光情報なども積極的に配信し、街ゆく人々への話題提供に努める。

大型の液晶ディスプレイなどに、動画や静止画といった広告コンテンツを配信するデジタルサイネージ。関連機器や配信サービスの進化によって、特定層に訴求するマーケティングツールとして注目が高まっている。

千葉銀行は、東京エリアの本部拠点と位置づける「室町ちばぎん三井ビルディング」(東京都中央区)の完成に伴い、建物1階の店舗入口付近に3×3の大型9面マルチディスプレイ(1面は46インチ)を設置。2014年2月17日から映像配信を開始した。

ディスプレイには、自社が取り扱う金融商品の説明のみならず、千葉県に協力を仰いだ観光情報なども積極的に配信する。ビルの周辺は、日本銀行本店や東京証券取引所が立地する日本を代表する金融街。通りをゆく人々の関心を集めれば、千葉銀行の知名度向上や具体的商品メニューの周知が期待できる。観光など身近な情報は、来店客との会話の糸口を広げることにもつながる。

コンテンツの管理・配信については、日本ATMが提供するサービス「@Guidance」を採用した。日本ATMは、1999年1月に日本NCRのATM事業部門が分社独立した会社である。

プロジェクトの概要
ユーザー名 千葉銀行
業種 地方銀行
導入システム デジタルサイネージと配信サービス
導入目的 自社PRや、地域における話題作りなど
導入時期 2014年2月
主な利用製品 コンテンツ配信サービス「@Guidance」(日本ATM)
関連記事

千葉銀行が東京拠点ビルにデジタルサイネージ、話題提供で集客につなげる店舗に設置するデジタルサイネージでは、自社商品の説明一辺倒になりがち。千葉銀行は、地場の観光情報なども積極的に配信し、街ゆく人々への話題提供に努める。

PAGE TOP