[技術解説]

Hybrid Cloudを実現するための技術ポイント

2014年2月18日(火)入江 宏志

プライベートクラウド(Private Cloud)を基本に、パブリッククラウド(Public Cloud)などを連携させた環境がハイブリッドクラウド(Hybrid Cloud)だ。ITインフラや仮想化基盤をいかに統合し、アプリケーションやミドルウェアを連携させる。DRを題材に実現ポイントを解説する。

 「クラウドコンピューティング(Cloud Computing)」というキーワードが誕生してから、早くも8年が過ぎた。2006年頃は、パブリックを中心に、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Service as a Service)というレイヤーが異なるサービスが、それぞれ浸透してきた。

 その後、「プライベートクラウド(Private Cloud)」という、本来のクラウドコンピューティングとは違った概念が出てくる。プライベートクラウドは、従来のITシステムを仮想化した環境を指している。現時点では、従来型のオンプレミス(Traditional On-Premise)に、プライベートとパブリックの両クラウドを加えた3形態が企業情報システムの選択肢になっている(図1)。

図1:企業情報システムの基盤としての選択肢となる3つの形態

Hybrid以外に選択肢はない

 一方、メインフレームが誕生してからの50年の間、情報システムのアーキテクチャは、データを自らの手元に置く「分散型」と、データを一元管理する「集中型」との変遷を繰り返してきた。その過程で、ユーザー企業は、どちらかに偏り過ぎると、ベンダーによるロックインや、コスト高、品質の低下、セキュリティなどで失敗することを学んできた。

 クラウドも同様に、パブリッククラウドのみやオンプレミスのみに固執することを避ける傾向がでてきた。結果、オンプレミスやクラウドを組み合わせたHybrid型へ向かう動きが強まっている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

Hybrid Cloudを実現するための技術ポイントプライベートクラウド(Private Cloud)を基本に、パブリッククラウド(Public Cloud)などを連携させた環境がハイブリッドクラウド(Hybrid Cloud)だ。ITインフラや仮想化基盤をいかに統合し、アプリケーションやミドルウェアを連携させる。DRを題材に実現ポイントを解説する。

PAGE TOP