コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

さいたま市、約9000人の全職員を対象とするコラボレーション基盤を刷新

2014年2月18日(火)IT Leaders編集部

  従来システムの更改期を迎えたのを機に、仮想化基盤+Webベースのパッケージで市職員のコラボレーション環境を見直した。システム導入を支援した伊藤忠テクノソリューションズが2014年2月18日に発表した。  

限られた財源の中で住みよい街づくりを推進していくには、住民サービスに直接/間接的にかかわる職員の業務生産性を高めなければならない─。一般企業のみならず、自治体においても報告・連絡・相談といったコミュニケーションや情報共有のあり方を見直す動きが活発だ。

さいたま市は、全職員約9000人を対象とする庁内情報基盤「さいたま市コラボレーションシステム(S-net)を完成させ、2014年1月から本格利用を開始した。Webをベースとしたメール、グループウェア、情報ポータルなどで構成する。

本システムを稼働させる環境として、まず仮想インフラ基盤を整備。具体的には、シスコシステムズのサーバー/ネットワーク機器とNetAppのストレージを事前検証した製品「FlexPod」に、ヴイエムウェアの仮想ソフトウェアを組み合わせた。これにより、物理サーバー台数を約6割削減させたという。

このインフラ上で、メールの「CyberMail」(サイバーソリューションズ)、グループウェアの「ArielAirOne Enterprise」(アリエル・ネットワーク)などを動かし、職員のコラボレーションを後押しする。システムの企画・設計・構築・運用保守といった一連の業務は伊藤忠テクノソリューションズが担当した。

さいたま市は2001年に浦和市・大宮市・与野市の3市が合併して誕生。さらに2005年には岩槻市と合併し、人口120万人を擁する大都市になっている。

プロジェクトの概要
ユーザー名 さいたま市
業種 自治体
導入システム 市職員の情報共有基盤「さいたま市コラボレーションシステム」
導入目的 業務生産性を高め、住民サービスを充実させる
導入時期 2014年1月
主な利用製品 「FlexPod」(シスコシステムズ/NetApp)、仮想化ソフトはヴイエムウェア、「CyberMail」(サイバーソリューションズ)、「ArielAirOne」(アリエル・ネットワーク)など
関連記事

さいたま市、約9000人の全職員を対象とするコラボレーション基盤を刷新  従来システムの更改期を迎えたのを機に、仮想化基盤+Webベースのパッケージで市職員のコラボレーション環境を見直した。システム導入を支援した伊藤忠テクノソリューションズが2014年2月18日に発表した。  

PAGE TOP