[技術解説]

Hybrid Cloudに求められる「3+2+5」の要件とGRC

2014年2月19日(水)入江 宏志

クラウドコンピューティングにおいては大きな流れの1つを形作っているのがハイブリッドクラウド(Hybrid Cloud)だ。そこには、情報システムに求められてきた「3+2+5」の要件とGRC(Governance、 Risk management、 and Compliance)の要件が集約されている。「3+2+5」の要件と、ハイブリッドクラウドの対応事例を解説する。

 情報システムを構築・活用するためには、図1に示すような11の構成要素が必要である。クラウドコンピューティングを局所的に定義すると、これらのIT資産をユーザー企業が全く持たないのがパブリッククラウド(Public Cloud)である。ただし、ユーザーがどこまで保有するかで、SaaS(Software as a Service)、 PaaS(Platform as a Service)、 IaaS(Infrastructure as a Service)などに分かれてくる。

図1:情報システムの構築・活用に必要な11の構成要素

 

 現在のIT業界には、クラウドコンピューティングについて3次元の潮流がある。1つは、SaaS、PaaS、IaaSの各機能を充実させる流れである(図2のx軸)。SaaS/PaaS/IaaSの間で連携するのではなく、単独で機能を充実させる、いわゆる垂直統合型である。

 もう1つは、SaaSがPaaSの上に、PaaSがIaaSの上にと、きれいな形でつながるもので、水平分業型になる流れだ(図2のz軸)。当初のクラウド市場では、垂直統合型が中心だった。しかし最近は、水平分業型に移行しつつある。ネットワークレベルでの分離を促すSDN(Software Defined Network)が普及すれば、水平分業は一層推進される。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

GRC

関連記事

Hybrid Cloudに求められる「3+2+5」の要件とGRCクラウドコンピューティングにおいては大きな流れの1つを形作っているのがハイブリッドクラウド(Hybrid Cloud)だ。そこには、情報システムに求められてきた「3+2+5」の要件とGRC(Governance、 Risk management、 and Compliance)の要件が集約されている。「3+2+5」の要件と、ハイブリッドクラウドの対応事例を解説する。

PAGE TOP