[新製品・サービス]

マイクロソフトとVRI、スマートデバイスのアプリ利用動向を分析するサービスを発表

2014年2月20日(木)IT Leaders編集部

日本マイクロソフトとビデオリサーチインタラクティブ(VRI)は2014年2月20日、スマートデバイス利用者の行動を分析するサービス「Cloudish」を発表した。スマートデバイス向けのマーケティング施策立案を支援する。

 Cloudishは、日本マイクロソフトが提供するパブリッククラウド「Microsoft Windows Azure」を活用して、VRIが保有するスマートデバイス利用者のアプリ使用履歴を分析するサービス。約12万人の利用者から収集した使用履歴を使って、アプリの利用率を時間帯/日別に可視化したり、アプリごとのライフサイクルを予測したりする。

 Excelを使って分析結果を可視化する。サービス利用者はExcelを操作して分析軸や表示するグラフを切り替えられる。テンプレートを活用すれば、専門的なトレーニングなしに様々な視点で分析結果を導き出せる。アプリの利用率を月次や週次、性別、年代別などの視点に切り替えて可視化できる。利用するアプリから消費者の嗜好パターンを導出する機能も備える。

 アプリの使用履歴を顧客が保有する販売データやSNSの投稿と組み合わせて分析するオプションも用意する。サービスの提供開始は2014年4月を予定する。

関連記事

マイクロソフトとVRI、スマートデバイスのアプリ利用動向を分析するサービスを発表日本マイクロソフトとビデオリサーチインタラクティブ(VRI)は2014年2月20日、スマートデバイス利用者の行動を分析するサービス「Cloudish」を発表した。スマートデバイス向けのマーケティング施策立案を支援する。

PAGE TOP