コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTTアイティ、メガネ型カメラを使ったWeb会議システムを発表

2014年2月21日(金)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

NTTアイティは2014年2月21日、Web会議システム「ミーティングプラザ」に、メガネ型カメラ使って参加する拡張機能を発表した。3月10日より発売開始する。

図1 メガネ型カメラを装着した現場の作業員
図1 メガネ型カメラを装着した現場の作業員

 今回発表した「ミーティングプラザ 見てコラボ」は、NTTアイティのWeb会議システム「ミーティングプラザ」の拡張機能。メガネ型カメラとスマートデバイスを組み合わせて、Web会議に参加できるようにした。フィールド作業担当者や医療従事者の遠隔サポートを支援する。

 現場の作業者はメガネ型カメラを身に着ける。カメラは、Webカメラとマイクを内蔵しており、装着者が見ている映像や音声をWeb会議システムに送信する。

 監督者は、作業者の作業状況を見ながら、音声で指示できる。音声はカメラ内蔵の骨伝導スピーカーで作業者に伝えられる。メガネ内蔵のカメラと音声を使って、やり取りするため、作業者はカメラや電話を手に持つ必要がない。作業に専念できる。

 監督者は、同時32拠点までの映像を表示できる。多拠点の現場の映像を同時に見ながら、それぞれに指示を出せる。映像音声ドライバーの設定や、フレームレート、画像サイズ、音声ボリュームなど、各種設定は、監督者が遠隔操作できるようにした。

 メガネ型カメラは通信機能を持たない。スマートフォンやタブレットに有線接続して、Web会議システムと通信する。作業中、デバイスはポケットなどに収めておく想定だ。利用可能な端末はWindowsタブレットのみ。将来的にAndroidデバイスにも対応する。

 NTTアイティのサーバーを利用するクラウド版と、オンプレミス版を提供する。クラウド版は月額料金が2500円から。既存ユーザーは追加料金なしで利用できる。オンプレミス版はオープン価格。年間で50サーバー、100サービス契約の獲得を目指す。

図2 「ミーティングプラザ 見てコラボ」の概要
図2 「ミーティングプラザ 見てコラボ」の概要
図3 遠隔地のPC、タブレットの画面
図3 遠隔地のPC、タブレットの画面
図4 遠隔から現場端末各種パラメータを設定する画
図4 遠隔から現場端末各種パラメータを設定する画面

 

関連記事

NTTアイティ、メガネ型カメラを使ったWeb会議システムを発表NTTアイティは2014年2月21日、Web会議システム「ミーティングプラザ」に、メガネ型カメラ使って参加する拡張機能を発表した。3月10日より発売開始する。

PAGE TOP