[新製品・サービス]

3G通信で運行データを取得し集計するクラウド、NECが6月に開始

2014年2月24日(月)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

NECは2014年2月24日、車両運行データをリアルタイムに集計・解析するクラウド・サービス「くるみえ」を開始すると発表した。そのために、3G通信モジュールを内蔵したドライブレコーダーも用意する。安全運転の徹底などに利用できるという。

 ドライブレコーダーを活用した新サービス「くるみえ」は、ドライブレコーダーで収集した大量の運行データをNECが持つクラウド基盤で分析するサービスである。ドライバーの運転特性を見える化することで、安全運転の指導を徹底することで、事故の未然防止につなげられるとする。

 今回、ドライバーにデータ取得の負担を掛けないために、3G通信モジュールを内蔵したドライブレコーダーを用意した。運行車両の位置情報や走行状況を3G通信網経由でNECのデータセンターに送信する。これまで運行情報は、ドライブレコーダー搭載のSDカードに保存していたため、ドライバーが帰社後などにデータをアップロードしなければならなかった。

 クラウド側では、受信した車両の加速度情報や位置情報を集計・解析する。事故につながりそうな運転の発生を車両管理者にリアルタイムで通知できる。運転管理者は、ドライバーに対し、それぞれの運転状況に応じた安全運転を指導したり注意を喚起したりが可能になる。

 ドライブレコーダーは、運転中の動画を記録している。万が一、事故が発生した場合は、この動画像を確認することで、事故が発生した時の状況を確認できる。その時の状況データを帳票形式で出力できる。

 車両運行会社の経営面では、安全運転を徹底できれば燃料費の低減につながる。事故発生件数の低下は、自動車保険料や車両修理コストの低減になる。NECは今後、同サービスの利用企業だけでなく、道路のコンサルティングを手がける企業や地方自治体にもデータの分析結果を提供する考えだ。

 3G通信モジュール内蔵のドライブレコーダーの価格はオープン。同ドライブレコーダーを利用したサービスは2014年6月下旬から提供する計画である。

関連記事

3G通信で運行データを取得し集計するクラウド、NECが6月に開始NECは2014年2月24日、車両運行データをリアルタイムに集計・解析するクラウド・サービス「くるみえ」を開始すると発表した。そのために、3G通信モジュールを内蔵したドライブレコーダーも用意する。安全運転の徹底などに利用できるという。

PAGE TOP