[市場動向]

クラウドを武器にビジネス速度を加速せよ

2014年2月25日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

クラウドへの期待ポイントが大きく変化している。これまでの「コスト削減」から「事業実現のための速さ」を求め、全社のIT基盤として検討する利用企業が増えているという。IT基盤を確立することで、利用企業が求めるアプリケーション開発に集中するためだ。IT部門も、IT基盤整備と並行し、事業部門の現場に飛び出す準備を進める必要がある。

 2014年2月6日、東京・品川でIT協会が主催する「IT戦略総合大会」が開かれた。午後からは、2013年度の「IT賞」受賞企業が登壇し、受賞システムの概要や狙いなどを自ら発表した。

 2013年度にIT総合賞を受賞したのは、東京海上日動火災保険/東京海上日動システムズと、野村證券の2組。受賞対象は、東京海上日動は「モバイルを活用したお客様接点の革新(次世代モデル)」、野村證券は「リテール基幹システム刷新と業務改革への取り組み」である。

戦略投資はモバイル・アプリケーションに

 東京海上日動は、代理店向けのタブレット端末用アプリケーションと契約者向けのスマートフォン用アプリケーションを開発。代理店と契約者の利用端末を限定しないように、HTML5など最新の業界標準を採用したプライベート・クラウドである。

 一方、野村證券が取り組んだのは、同社の営業担当者が利用する業務システムの刷新。1990年代から手作りを重ねてきたシステムを、野村総合研究所(NRI)が提供する業界向けのSaaS(Software as a Service)「The STAR」に切り替えた。カスタマイズを最小限に抑えるため、業務を全面的に見直したという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

クラウドを武器にビジネス速度を加速せよクラウドへの期待ポイントが大きく変化している。これまでの「コスト削減」から「事業実現のための速さ」を求め、全社のIT基盤として検討する利用企業が増えているという。IT基盤を確立することで、利用企業が求めるアプリケーション開発に集中するためだ。IT部門も、IT基盤整備と並行し、事業部門の現場に飛び出す準備を進める必要がある。

PAGE TOP