[調査・レポート]

ストレージ関連ソフト市場は2017年まで年率4.5%で成長、IDC Japanが発表

2014年2月25日(火)IT Leaders編集部

IDC Japanは2014年2月25日、国内におけるストレージ向けソフトの市場動向を発表した。データ保護/リカバリソフトやレプリケーションソフト、管理ソフトなどの2013年上半期の売上実績と、2017年までの売上推移を予測した。

 2013年上半期のストレージ関連ソフトの売上は382億1100万円で、前年同期と比べて成長率は18.5%だった。2013年の売上は751億3200万円、2017年の売上は857億9400万円と見込む。2012年から2017年の年間平均成長率は4.5%と予測する。

図:国内ストレージ関連ソフトウェア市場 売上実績および予測(2009年~2017年)(出典:IDC Japan)

 2013年上半期のストレージ(ハードウェア)の売上増が、ソフトの堅調な売上増加に寄与していると同社は分析する。ハイエンドストレージの売上が前年同期と比べて1ケタ台後半に伸びていることもソフトの売上増加を後押しする。ストレージの可用性や信頼性を高めるため、ストレージの稼働状況やリソースを管理するソフトを導入する企業が増えている点も売上を押し上げた。

 同社では今後、ストレージの運用が複雑化するのに伴い、管理負荷を軽減するソフトウェアを導入する動きが活発化すると予測する。

 

関連記事

ストレージ関連ソフト市場は2017年まで年率4.5%で成長、IDC Japanが発表IDC Japanは2014年2月25日、国内におけるストレージ向けソフトの市場動向を発表した。データ保護/リカバリソフトやレプリケーションソフト、管理ソフトなどの2013年上半期の売上実績と、2017年までの売上推移を予測した。

PAGE TOP