[事例ニュース]

大和ハウス工業、プライベートクラウドの性能改善にExadataを採用

2014年2月26日(水)IT Leaders編集部

大和ハウス工業は、プライベートクラウド環境の強化を図った。垂直統合DBマシンの導入で処理性能を引き上げ、業務効率を向上させることが狙いである。2014年2月26日、製品を提供した日本オラクルが発表した。  

同社がプライベートクラウド上で稼働させているのは、「D-SMART」と呼ぶ業務推進システム。販売管理や物件管理、部材管理、施工管理、定期点検管理といった機能を備える。2005年に独自開発した。その後、フルクラウド化の方針に基づき、2010年からはCTCが提供するIaaS上に構築したプライベートクラウド環境で運用してきた。

しかし、その活用が進むなかで課題が浮上。機能拡張が相次いだほか、利用者数が急増したため、システム負荷が高まっていた。実際、バッチ処理に時間がかかるといった性能面での限界が見えてきた。このままでは、せっかくのシステムが業務効率を低下させる要因になりかねない。

そこで大和ハウス工業は、従量課金で利用しているプライベートクラウドのIT基盤に「Oracle Exadata Database Machine」を導入。機器の購入費用を抑えつつ、抜本的な性能改善を図った。サービス提供ベンダーとして基盤構築を担当したCTCの試算によると、月次集計のバッチ処理に要する時間を従来の90分から6分に短縮できたという。

プロジェクトの概要
ユーザー名 大和ハウス工業
業種 住宅メーカー
導入システム プライベートクラウド基盤
導入目的 業務推進システムの性能向上
導入完了時期
主な利用製品 「Oracle Exadata Database Machine」(日本オラクル)

大和ハウス工業、プライベートクラウドの性能改善にExadataを採用大和ハウス工業は、プライベートクラウド環境の強化を図った。垂直統合DBマシンの導入で処理性能を引き上げ、業務効率を向上させることが狙いである。2014年2月26日、製品を提供した日本オラクルが発表した。  

PAGE TOP