[事例ニュース]

日本海ガス、電力自由化見据えて新料金システムを稼働

2014年3月3日(月)IT Leaders編集部

富山・石川県において都市ガスやLPガスを販売する日本海ガスは、新料金システムを稼働開始した。製品を提供した日本オラクルが2014年3月3日に発表した。

新システムは検針や料金管理、請求、債権回収といった機能を備える。公益企業向け料金管理アプリケーションである「Oracle Utilities Customer Care and Billing」を用いて構築した。アクセンチュアが業務設計とシステム構築を担当した。

同社の業務プロセスはこれまで、都市ガスやLPガスなど販売品目ごとに異なっていた。今回のシステム刷新は、これらを共通化して料金計算業務を効率化するほか、ガバナンスを強化することが狙い。

将来の電力販売への参入に向けた布石でもある。新システムにおいては料金メニューを部品化し、拡充や変更があった際のシステム変更をしやすくした。これにより、新規事業のスピーディーな立ち上げが可能になる。

プロジェクトの概要
ユーザー名 日本海ガス
業種 ガス事業
導入システム 料金システム
導入目的 料金計算業務の効率化、ガバナンス強化
導入時期
主な利用製品 「Oracle Utilities Customer Care and Billing」(日本オラクル)
関連記事

日本海ガス、電力自由化見据えて新料金システムを稼働富山・石川県において都市ガスやLPガスを販売する日本海ガスは、新料金システムを稼働開始した。製品を提供した日本オラクルが2014年3月3日に発表した。

PAGE TOP