コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

富士通、国内グループ200社のコミュニケーション基盤を統一

2014年3月3日(月)IT Leaders編集部

富士通は2014年2月、国内グループ企業のコミュニケーション基盤を統一したと発表した。基盤統一には、2012年1月から取り組んでいた。  

新基盤は、メールやポータル、音声・ビデオ会議、ソフトフォン、社内SNS、社内動画配信・共有、プレゼンスといった機能を提供する。約11万人に上るグループ各社の社員は、これらの機能をパソコンや携帯電話、スマートフォン、タブレット端末から利用。営業やSE、マーケティング、サポートサービスといった部門だけでなく会社組織を越えて、技術情報や成功談、失敗談などを分かち合う。富士通は、こうした情報共有によりグループ全体の課題解決スピードを向上させる構えだ。

大幅なコスト削減も見込む。すでに、システム統合により、運用コストを従来に比べて約50%削減。出張費用も最大で約20%削減する効果が出ているという。

欧州や北米、中国、APAC諸国の拠点においても同様の取り組みを進めている。2014年度中に、グローバル全体への展開を完了させる予定だ。展開完了後は、約500社17万人が共通のコミュニケーション基盤を利用することになる。

プロジェクトの概要
ユーザー名 富士通
業種 電機
導入システム コミュニケーション基盤
導入目的 グループ全体の課題解決力向上、コスト削減
導入時期 2014年2月
関連記事

富士通、国内グループ200社のコミュニケーション基盤を統一富士通は2014年2月、国内グループ企業のコミュニケーション基盤を統一したと発表した。基盤統一には、2012年1月から取り組んでいた。  

PAGE TOP