[インタビュー]

「非構造データの取り込みが2020年の成否を決める」加OpenTextのCEO

2014年3月7日(金)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

ECM(Enterprise Contents Management:統合文書管理)ツール大手の加OpenTextが、「EIM(Enterprise Information Management:統合情報管理)」を掲げ、製品のカバー範囲を広げている。2013年も、8月にBPM(Business Process Management)ツールベンダーの蘭Cordysを、11月にはEDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)大手の米GXSをそれぞれ買収した。EIMが目指すところや、これら買収の意味などについて、加本社のCEO(Chief ExecutiveExecutive Officer:最高経営責任者)兼社長のマーク・バレンシア氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

加OpenTextのマーク・バレンシア
CEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)兼社長

――ECM(Enterprise Contents Management:統合文書管理)からEIM(Enterprise Information Management:統合情報管理)へとメッセージを変えている。その違いは何か。

 EIMは、2020年の企業情報システムのあり方に焦点を当てた考え方である。2020年までには、すべての情報がデジタル化されると同時に、利用者もインターネットやスマートフォンが当たり前のデジタル世代に変わっていく。このデジタル化によって、組織のあり方も変化しなければならない。その時の組織を支える基盤になるのがEIMだ。

 過去20年間、企業のCIO(Chief information Officer:最高情報責任者)は、ERP(Enterprise Resource Planning:統合基幹業務)システムに多大な投資をしてきた。だが、ERPがもたらす価値は枯渇している。限られた価値を絞り出すためにインメモリーデータベースといった高速処理技術を投入しているのが実状だろう。

既存システムは企業データの20%しか扱っていない

 なぜ価値が枯渇するかと言えば、ERPが扱ってきたのは、構造化されたトランザクションデータであり、それは、我々の周囲にあるデータの20%にしか過ぎないからだ。残り80%の非構造化データを企業情報システムに取り込み、活用する必要がある。それを可能にするのがEIMになる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

「非構造データの取り込みが2020年の成否を決める」加OpenTextのCEOECM(Enterprise Contents Management:統合文書管理)ツール大手の加OpenTextが、「EIM(Enterprise Information Management:統合情報管理)」を掲げ、製品のカバー範囲を広げている。2013年も、8月にBPM(Business Process Management)ツールベンダーの蘭Cordysを、11月にはEDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)大手の米GXSをそれぞれ買収した。EIMが目指すところや、これら買収の意味などについて、加本社のCEO(Chief ExecutiveExecutive Officer:最高経営責任者)兼社長のマーク・バレンシア氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

PAGE TOP