デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本オラクル、小売企業のオムニチャネル化を推進するアプリケーションを発表

2014年3月10日(月)IT Leaders編集部

日本オラクルは2014年3月10日、小売企業の業務を支援する「Oracle Retail」の新版(ver.14)を発表した。同日より製品を提供開始する。

 Oracle Retailは、eコマースに関わる業務、サプライチェーン管理、在庫管理、顧客管理、人材管理、マーケティング業務などを包括支援するアプリケーション群。新版は、実店舗やショッピングサイトなどのチャネルを問わず、運用オペレーションを統合するオムニチャネルを推進するための機能を強化した。

 販売チャネルに関係なく、顧客に最適な商品を提案できるようにした。過去の購入実績や需要予測結果などから顧客の特性を導出し、顧客の好みに合った商品をレコメンドする。実店舗においては、商品を陳列するスペースを効率的に活用できる。

 販売チャネルを問わず、最新の在庫状況を確認できる。新版は、実店舗とショッピングサイトの在庫マスターを統合し、商品の発注タイミングや在庫数を最適化する。消費者はショッピングサイト経由で実店舗の在庫を確認し、在庫があれば実店舗で商品を受け取るといったことができる。

 スマートデバイスを使って受注/返品の手続きをしたり、商品在庫を確認したりする機能も追加した。

関連記事

日本オラクル、小売企業のオムニチャネル化を推進するアプリケーションを発表日本オラクルは2014年3月10日、小売企業の業務を支援する「Oracle Retail」の新版(ver.14)を発表した。同日より製品を提供開始する。

PAGE TOP