[調査・レポート]

2013年の国内タブレット出荷台数、前年比67.2%増の743万台 IDC調べ

2014年3月11日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

 IDC Japanは2014年3月11日、国内タブレット端末の出荷台数を発表した。2013年第4四半期(10~12月)の出荷台数は223万台、2013年通年では743万台だった。

 2013年第4四半期の国内タブレット端末の出荷台数は223万台(前年同期比21.5%増)。四半期ベースの出荷実績としては、初めて200万台を超えた。もっとも成長を牽引したのは、アップルの「iPadシリーズ」。ただし、NTTドコモのアンドロイド端末も安定的に推移したほか、マイクロソフトの「Windowsシリーズ」端末も出荷台数を伸ばした。

 ベンダー別出荷台数シェアでは、アップルが38.6%で首位。以下、グーグルの「Nexusシリーズ」を出荷するエイスース(15.4%)、Windowsタブレットの出荷台数を増やしたマイクロソフト(11.0%)で続く。4位には、アンドロイド端末で出荷台数を伸ばした富士通が着けた。

図1:2013年第4四半期 国内タブレット端末出荷台数ベンダー別シェア

 通年で見るとどうか。2013年のタブレット端末の出荷台数は、前年比67.2%増の743万台。特に法人向け市場では、iOS端末の買い替え需要と、Wi-Fi対応の新規需要が堅調だった。ベンダー別で見ると、シェア上位3社は、アップル(43.8%)、エイスース(17.1%)、マイクロソフト(6.0%)で第4四半期と同じ顔触れ。以下、アマゾン、ソニーが続く。

 アップルの独走は今年も続きそうだ。IDCの木村 融人シニアマーケットアナリストは「2014年の上半期にNTTドコモがiPadの販売を開始すると見込んでおり、同市場におけるiOSの占有率はさらに上昇する可能性が高い」と予測している。

図2:2013年 国内タブレット端末出荷台数ベンダー別シェア

 

関連記事

2013年の国内タブレット出荷台数、前年比67.2%増の743万台 IDC調べ IDC Japanは2014年3月11日、国内タブレット端末の出荷台数を発表した。2013年第4四半期(10~12月)の出荷台数は223万台、2013年通年では743万台だった。

PAGE TOP