[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第5回】SDN時代を迎え、変貌するネットワークと課題

2014年3月17日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

クラウド・コンピューティングの利用が広がる中で、ネットワークの仮想化が進展している。SDN(Software Defined Network)である。サーバーやストレージの仮想化に続き、ネットワークも仮想化することで、より柔軟なITプラットフォームの構築を可能にする。仮想ネットワークを実現するには、エンド・ツー・エンドで光ファイバーや無線通信など複数のネットワークが連携していることまでを考えなければならない。

 2014年2月13日と14日の2日間、東京・お茶の水で「Openstack Days Tokyo 2014」が開催された。クラウド環境を構築するためのOSS(Open Source Software:オープンソース・ソフトウェア)であるOpenStackの国内イベントである。前年を上回る1500人以上が来場し、活発な発表が続いた。ちなみに、Openstackコミュニティへの参加者は現在、132か国1万4160人である。

 Openstack Days Tokyoの今回の特徴は、日本における事例紹介が始まったことだ。グリー、ヤフー、GMOインターネットグループのそれぞれが、Openstackの使用を始めているという。中でもグリーは、2013年5月からOpestackの商用環境での活用を始めている。NECもこの4月からOpenstackを使ったIaaS(Infrastructure as a Service)を開始すると発表した。日本でもOpenstackが急速に浸透しつつある。

ソフトウェア技術が企業の競争力を左右

 Openstack FoundationのCOO(Chief Operation Office:最高執行責任者)であるMark Collier氏は、世界初のブラウザ「Mosaic」を開発した起業家Marc Andersen氏の『Software is eating the world』という論文を引用し、仮想化とクラウドの活用がますます進むと示唆する。アプリケーションだけでなく、アプリケーションが動作するプラットフォームにおいてもソフトウェアが果たす役割が、ますます大きくなっていく。ソフトウェア・テクノロジの活用が企業の競争力を左右する時代が訪れたのだ。

 プラットフォームのソフトウェア化で今、最も注目されているのがネットワーク分野である。サーバーやストレージは仮想化が進み、リソースのダイナミックな活用や集中管理、プロビジョニングの自動化が進んでいる。だが、ネットワークの仮想化はこれからだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連キーワード

SDN

関連記事

【第5回】SDN時代を迎え、変貌するネットワークと課題クラウド・コンピューティングの利用が広がる中で、ネットワークの仮想化が進展している。SDN(Software Defined Network)である。サーバーやストレージの仮想化に続き、ネットワークも仮想化することで、より柔軟なITプラットフォームの構築を可能にする。仮想ネットワークを実現するには、エンド・ツー・エンドで光ファイバーや無線通信など複数のネットワークが連携していることまでを考えなければならない。

PAGE TOP