ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[調査・レポート]

「プライベートな時間に業務をこなす」56.6%、IDC調べ

2014年3月12日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2014年3月12日、個人所有デバイスの業務利用状況を調査した。

 調査によれば、スマートフォン、タブレット、PCのいずれかを個人所有し、仕事を持つ人々の56.6%は、プライベートな時間も業務をこなしていることが分かった。

 それぞれのデバイスの「個人利用」と「仕事での利用」のバランスについても尋ねた。各デバイスとも、「個人と仕事が半々」が30%前後で最も多く、僅差で「個人が大半」が続く。一方、「仕事利用のみ」「仕事利用が大半」など、個人所有デバイスをもっぱら仕事で利用するユーザーも、約15~17%いた。 

 なお、スマートフォン、タブレット、PCの複数デバイスを所有している人は、すべてを仕事に利用する傾向が比較的高い。3種類すべてのデバイスを所有している人のうち、すべてのデバイスを仕事に利用している人は33.7%だった。

関連記事

「プライベートな時間に業務をこなす」56.6%、IDC調べIDC Japanは2014年3月12日、個人所有デバイスの業務利用状況を調査した。

PAGE TOP