[情報システム担当者が知っておきたい「ユニバーサルデザイン」]

ユニバーサルデザインを実践すると、こんなメリットがある

2014年3月19日(水)岡山 将也(日立コンサルティング)

過去の連載では、身体的な障害を理由とする、情報システムへのアクセスにハンディキャップを紹介しました。そうした人々に配慮したシステムを作ることは、健常者にも良い効果を与えてくれるものです。

 昨年、日本でも有名になったTED Conferenceで面白い講演がありました。Chris Downey氏が発表した、「Design with the blind in mind」です。目の見えない人を思って街を設計すれば、健常者にも優しい街になるというのが主旨でした。

 段差をなくして歩きやすい歩道を整備する。都市と周辺を繋ぐ交通網を整備する。こうした配慮は、街を作る段階から織り込んでおくのが理想です。例えば、設計段階で、目の不自由な人をモデル市民として考えれば、究極のユニバーサルデザインを実現できるはずです。

 街を作った後で、変更を加えようとすると多くのコストがかかります。情報システムも同じです。システムを構築した後に、ハンディキャップを持った人への対応を盛り込むのは大変です。具体的な例を挙げて見ていきましょう。

デザインに図や写真を多用すると?

 図や写真は、目の不自由な人やディスレクシアの人にとって厄介者です。視覚障害者は、WEB上の文字(テキスト)を音声化するスクリーンリーダ(音声読み上げソフトウェア)を利用します。しかし、画像データ内のテキストは読み上げられないのです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
情報システム担当者が知っておきたい「ユニバーサルデザイン」一覧へ
関連記事

ユニバーサルデザインを実践すると、こんなメリットがある過去の連載では、身体的な障害を理由とする、情報システムへのアクセスにハンディキャップを紹介しました。そうした人々に配慮したシステムを作ることは、健常者にも良い効果を与えてくれるものです。

PAGE TOP