[愛されるモバイルアプリを作るための7つの質問]

【第4回】スマホアプリはどんな開発会社に発注すべきか?

2014年3月26日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

今や、モバイル活用は企業ITの最重要テーマの1つ。しかし、モバイルアプリの開発には全く土地勘がないという読者も多いのでは。分からないことは先達に尋ねるのが一番だ。本連載では、ニフティ、はてな、GREEでコンシューマ向けサービス開発の最前線に立ってきた伊藤直也氏に、モバイルアプリ開発の定石を聞く。 (緒方 啓吾=IT Leaders編集部/監修:伊藤直也)

図1:モバイルアプリの開発は頻繁な変更が常事前に要件を固めるのが難しい
図1:モバイルアプリの開発は頻繁な変更が常
事前に要件を固めるのが難しい

Q4:モバイルアプリはどこに発注すべきか?

A:可能な限り、内製することを勧める。モバイルアプリに詳しい技術者を自社で雇用し、社内で開発するのが理想的だ。というのも、モバイルアプリの開発と受託開発は、相性があまり良くないからだ。

 モバイルアプリの開発では、”作っては壊す”を繰り返す。試行錯誤の連続である。あらかじめ正解を定めず、顧客からのフィードバックに応じて、柔軟に変更を加える。開発期間中に方向転換を図ることも珍しくない。事前に成果物を確定させることが難しく、受託側のリスクが大きい。

 発注側にもデメリットがある。変更が発生する度に見積もりを取り、発注書を出すといったプロセスを踏んでいると、開発のスピードが失われてしまう。アプリの方向性が間違っていると気が付いた時の軌道修正も遅れがちになる。しかも、モバイルアプリにとってリリースはスタートに過ぎない。継続的に開発しなければならない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
愛されるモバイルアプリを作るための7つの質問一覧へ
関連記事

【第4回】スマホアプリはどんな開発会社に発注すべきか?今や、モバイル活用は企業ITの最重要テーマの1つ。しかし、モバイルアプリの開発には全く土地勘がないという読者も多いのでは。分からないことは先達に尋ねるのが一番だ。本連載では、ニフティ、はてな、GREEでコンシューマ向けサービス開発の最前線に立ってきた伊藤直也氏に、モバイルアプリ開発の定石を聞く。 (緒方 啓吾=IT Leaders編集部/監修:伊藤直也)

PAGE TOP