[愛されるモバイルアプリを作るための7つの質問]

【第7回】なぜ、iOSとAndroidで、アプリのデザインが同じではいけないのか?

2014年3月31日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

今や、モバイル活用は企業ITの最重要テーマの1つ。しかし、モバイルアプリの開発には全く土地勘がないという読者も多いのでは。分からないことは先達に尋ねるのが一番だ。本連載では、ニフティ、はてな、GREEでコンシューマ向けサービス開発の最前線に立ってきた伊藤直也氏に、モバイルアプリ開発の定石を聞く。 (緒方 啓吾=IT Leaders編集部/監修:伊藤直也)

図1:「AndroidもiPhoneと同じデザインで」その言葉に悩まされる開発者は多い
図1:「AndroidもiPhoneと同じデザインで」
その言葉に悩まされる開発者は多い

Q7:iOSとAndroidではデザインに何か違いはあるのか?

 A:モバイルアプリ開発の落とし穴の中でも、特に多くの人がはまるのが、「iOSとAndroidでアプリのデザインを同じにする」というものだ。気持ちはわからなくもないが、アプローチとしては間違っている。なぜなら、iOSとAndroidは、全く異なるプラットフォームだからだ。

 確かに、両者は同じように見える。アイコンが並んだホーム画面は瓜二つだし、タッチでキーボード入力したり、項目を選択したりするのも同じだ。しかし、双方を使ったことがある人なら、操作感の違いは分かるはずだ。

図2:Androidは物理的な「戻る」ボタンを備える
それを前提としたアプリを構築するのが一般的だ
(※出典:『Android Design』)

 例えば、Android端末と、iPhoneでは物理的なボタンの数が違う。Android端末には戻るボタンと更新ボタンが付いている。アプリ内で戻るボタンを押すと、直前の動作に戻ることができる。更新ボタンを押すと、アプリの情報を最新状態にアップデートできる。端末によっては、その他のボタンを搭載している場合もある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
愛されるモバイルアプリを作るための7つの質問一覧へ
関連記事

【第7回】なぜ、iOSとAndroidで、アプリのデザインが同じではいけないのか?今や、モバイル活用は企業ITの最重要テーマの1つ。しかし、モバイルアプリの開発には全く土地勘がないという読者も多いのでは。分からないことは先達に尋ねるのが一番だ。本連載では、ニフティ、はてな、GREEでコンシューマ向けサービス開発の最前線に立ってきた伊藤直也氏に、モバイルアプリ開発の定石を聞く。 (緒方 啓吾=IT Leaders編集部/監修:伊藤直也)

PAGE TOP