[インタビュー]

スマートデバイスの業務利用、次のステージに進めるために必要なこと

2014年3月17日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

企業のスマートデバイス活用は、どんなステージにあるか。活用度を高めて、他社と差異化を図るには何が必要か。今、注目すべきテクノロジーは何か。企業のモバイル戦略に詳しい、ガートナーのシニアアナリスト 針生恵理氏に話を聞いた。

企業のスマートデバイス活用、大半は第1ステージ

写真:ガートナージャパンシニア・アナリスト針生恵理氏
写真:ガートナージャパン
シニア・アナリスト 針生恵理氏

―スマートデバイスの業務利用が注目を集めるようになって、3年近くが経過した。現在、モバイルの業務活用は、どんなステージにあるのか?

 モバイルアプリの活用は2つの世代に分けられる。第1世代は、コミュニケーションや、業務効率の改善を目的としたものだ。例えば、外出先でメールやスケジュールをチェックできるようにする。あるいは、スキマ時間で経費精算を済ませられるようにする。現在、多くの企業は第1世代にあると見ている。

 一方、第2世代は、業務そのものの最適化や、ビジネスモデルの革新を目的としたものである。例えば、モバイルの機動力を活かして、営業や販売のプロセスを見直す。従業員のモバイルから吸い上げたデータを分析して、マーケティング分析や、経営判断に活用する、といったものだ。

 第2世代の取り組みは、IT部門だけでは完結しない。業務プロセスを見直すには、事業部門や経営層と連携する必要がある。第1世代と、第2世代の間にある壁は高い。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

スマートデバイスの業務利用、次のステージに進めるために必要なこと企業のスマートデバイス活用は、どんなステージにあるか。活用度を高めて、他社と差異化を図るには何が必要か。今、注目すべきテクノロジーは何か。企業のモバイル戦略に詳しい、ガートナーのシニアアナリスト 針生恵理氏に話を聞いた。

PAGE TOP