グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[今求められるIT組織のグローバル化]

【第8回】海外で多発する訴訟リスクに備える

2014年3月20日(木)プライスウォーターハウスクーパース

「米国は訴訟社会だ」という話をよく聞く。日本より訴訟件数の多い地域に進出する日本企業は、消費者や現地従業員、競合企業などとの訴訟を想定しておかなければならない。では、日本企業がこうした訴訟社会に足を踏み入れるとき、何に注意すればいいのか。ここでは、IT部門が訴訟に備えて果たすべき役割と、準備すべき対策を考える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
今求められるIT組織のグローバル化一覧へ
関連記事

【第8回】海外で多発する訴訟リスクに備える「米国は訴訟社会だ」という話をよく聞く。日本より訴訟件数の多い地域に進出する日本企業は、消費者や現地従業員、競合企業などとの訴訟を想定しておかなければならない。では、日本企業がこうした訴訟社会に足を踏み入れるとき、何に注意すればいいのか。ここでは、IT部門が訴訟に備えて果たすべき役割と、準備すべき対策を考える。

PAGE TOP