[新製品・サービス]

トレンドマイクロ、モバイルOS版のデスクトップ仮想化ツールをQ2に投入

2014年3月25日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

トレンドマイクロは2014年3月25日、2014年度の事業戦略を発表した。2014年度は、高度化するサイバー攻撃への対応を前面に打ち出す。新製品も複数投入する予定だ。

 既存製品を再編、拡充し、サイバー攻撃対策を包括的に支援するプラットフォーム「Trend Micro Smart Protection Platform」として打ち出す。アンチウィルスやファイアウォール、脆弱性検知など、企業システムへの侵入を未然に防止する製品群に加えて、それらをかいくぐった未知の脅威をログの相関分析などであぶり出したり、再発防止策を講じたりするための製品も提供する。2014年度は、新製品も相次ぎ投入する。

Trend Micro Safe Mobile Workforce

 スマートフォンのデスクトップ仮想化を実現する。サーバー上で、独自開発したモバイルOSを運用。OSにスマートフォンアプリを導入、実行する。画面イメージだけを、ユーザーのスマートフォンに転送する。データがデバイスに保存されないため、情報漏洩などのリスクを軽減できるほか、デバイスごとにアプリを作り分ける必要がないため、開発・運用の効率化も期待できるとしている。第2四半期に提供予定。

Deep Security for Web Apps

 Webアプリケーションをスキャンして、アプリケーションやプラットフォームに脆弱性がないかチェックする。犯罪者による改ざんの有無もチェックできる。スキャン結果はクラウド上の管理コンソールで把握できる。第1四半期に提供予定。

Deep Discovery Enhancements

 サイバー攻撃対策製品「Deep Discovery」の機能拡張。サンドボックス環境のキャパシティを拡張したり、サンドボックス上で動作しないようなマルウェアを検知する機能を追加したりした。第1四半期に提供予定。

Deep Discovery Email Inspector

 標的型メール対策ソフト。サンドボックス環境を使って、メールのURLを動的解析したり、パスワード付添付ファイルを開いたりして、従業員の手元に疑わしいメールが届くのを防ぐ。第2四半期に提供予定。

Deep Discovery Integration with HP Tipping Point

 Deep Discoveryが検知した脅威に関する情報を、HPのWAF(Web Application Firewall)やIPS(Intrusion Prevention System)、SIEM(Security Information and Event Management)と共有する機能拡張。2014年第2四半期に提供予定。

Trend Micro Smart Sensor

 エンドポイントを標的としたサイバー攻撃を検知する。パターンファイルや、レジストリの変更履歴を手掛かりにする。サイバー攻撃対策セキュリティ製品Deep Defenceのテクノロジーを転用する。2014年第2四半期に提供予定。

関連記事

トレンドマイクロ、モバイルOS版のデスクトップ仮想化ツールをQ2に投入トレンドマイクロは2014年3月25日、2014年度の事業戦略を発表した。2014年度は、高度化するサイバー攻撃への対応を前面に打ち出す。新製品も複数投入する予定だ。

PAGE TOP