[スマートウェアラブルデバイス最新動向]

ルーツは「そろばん」? ウェアラブルデバイスの歴史を紐解く

2014年4月3日(木)大元 隆志

携帯から装着へ。そんなキャッチコピーを目にする機会が増えた。スマートフォン、タブレットに次ぐ金脈として、ウェアラブルなコンピュータが注目を集めている。しかし、長年IT業界に身を置く読者であれば、デジャヴュ(既視感)があるかもしれない。実は、「ウェアラブルコンピュータ」という概念自体は随分と昔からあるものだからだ。今回は、その歴史を振り返ってみよう。

ウェアラブルコンピュータのルーツ

 現在のところ、ウェアラブルコンピュータの明確な定義は存在しない。文字通り身体に装着可能なコンピュータだと言う人もいれば、衣類に装着して持ち歩けるコンピュータを指す人もいる。中には、コンピュータの動力源は人力でも構わないと考える人もいる。何をもって、ウェアラブルコンピュータと呼ぶかによって、ルーツは異なる。今回は、代表的なものを見ていこう。

1600年代 そろばん指輪

図:ウェアラブルコンピュータのルーツといわれる「Abacus Ring(そろばん指輪)」 (http://en.wikipedia.org/wiki/Wearable_computer)
写真:ウェアラブルコンピュータのルーツは、そろばん?

 Wikipediaによれば、ルーツは1600年代まで遡る。中国最後の王朝、清で使われていた「そろばん指輪」がそれだ。その名の通り、親指の爪ほどの大きさの算盤が付いた指輪である。針を使って操作していたらしい(関連記事)。確かに、そろばんはコンピュータの原点ではある。ただ、珠を動かすのも、結果を判断するのも人間だ。ウェアラブルコンピュータのルーツとして考えるのは、いささか強引かもしれない。

1800年代 腕時計

 「腕時計」がルーツだとする説もある。人力以外の動力源を備え、自動的に時間を計測する。この場合、アブラアム=ルイ・ブレゲがウェアラブルコンピュータの生みの親ということになる(腕時計最古の記録は時計商のカタログだったという異説もある)。1812年にブレゲによって腕時計「No.2639」が実用化された。この腕時計は行方不明となったため、現在「クイーン・オブ・ネイプルズ」という名称で復刻版が製造されている(関連記事)。

1500年代 持ち運び可能な時計

 持ち歩くことをもってウェアラブルとする場合、ルーツは「そろばん指輪」よりも前にさかのぼる。1500年代に「ゼンマイ」が開発されて以来、持ち歩き可能な時計が作られるようになったからだ。1511年には、ドイツ・ニュルンベルグの時計職人ペーター・ヘンラインが「ニュルンベルクの卵」を作っている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
スマートウェアラブルデバイス最新動向一覧へ
関連記事

ルーツは「そろばん」? ウェアラブルデバイスの歴史を紐解く携帯から装着へ。そんなキャッチコピーを目にする機会が増えた。スマートフォン、タブレットに次ぐ金脈として、ウェアラブルなコンピュータが注目を集めている。しかし、長年IT業界に身を置く読者であれば、デジャヴュ(既視感)があるかもしれない。実は、「ウェアラブルコンピュータ」という概念自体は随分と昔からあるものだからだ。今回は、その歴史を振り返ってみよう。

PAGE TOP