[事例ニュース]

理化学研究所、新スーパーコンピュータの構築を完了、2014年4月より稼働開始

2014年3月26日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

理化学研究所 放射光科学総合研究センターはこのほど、新スーパーコンピュータシステムの構築を完了した。2014年4月より稼働開始する。富士通が2014年3月26日に明らかにした。

写真:理化学研究所が新システム構築に使用した「PRIMEHPC FX10」(出典:プレスリリース)
写真:理化学研究所が新システム構築に使用した
「PRIMEHPC FX10」(出典:プレスリリース)

 理化学研究所は、物質の構造や機能を原子・分子レベルで解明するプロジェクトを進める。X線自由電子レーザー施設「SACLA」を使って、原子や分子の瞬間的な動きを計測。得られた実験データをスーパーコンピュータ「京」で解析する。新材料開発やバイオ分野での産業応用などの成果を見込む。

 今回、導入した新スーパーコンピュータは、「京」にデータを投入する前の下準備を担当する。SACLAから得られる実験データは、1回あたり最大100テラバイトに達する。そのまま、「京」に投入すると分析に時間が掛かるため、新スーパーコンピュータで対象とするデータを絞り込む。実験データに合わせた解析ソフトウェアを開発するための基盤としても活用する。

 新システムには、富士通製のスーパーコンピュータ「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10」を採用。PRIMEHPC FX10は、「京」に適用したスパコン技術を応用したスーパーコンピュータ。「京」で利用するアプリケーションと互換性がある。4ラック、384ノード構成で、理論演算性能は、90.8テラフロップス(TFLOPS)を実現した。詳細は、以下の通り。

計算ノード 「PRIMEHPC FX10」
ラック数 4
計算ノード数(CPU数) 384(384)
理論演算性能 90.8TFLOPS
総主記憶容量 12TB
インターコネクト Tofuインターコネクト
(6次元メッシュ/トーラス)
ログインノード/管理サーバ群 「PRIMERGY RX300 S8」 11台
制御サーバ共有ディスク 「ETERNUS JX40」 1台
ローカルファイルシステム 「ETERNUS DX80 S2」 13台/100TB
グローバルファイルシステム 「ETERNUS DX80 S2」 5台/500TB
ファイルシステム 「FEFS」

 

プロジェクト概要

ユーザー名
理化学研究所
業種 学術研究
導入システム スーパーコンピュータ
導入目的 ナノ物質の構造や機能の解明
導入時期 2014年4月1日
主な利用製品 「PRIMEHPC FX10」(富士通)

 

関連記事

理化学研究所、新スーパーコンピュータの構築を完了、2014年4月より稼働開始理化学研究所 放射光科学総合研究センターはこのほど、新スーパーコンピュータシステムの構築を完了した。2014年4月より稼働開始する。富士通が2014年3月26日に明らかにした。

PAGE TOP