[スマートウェアラブルデバイス最新動向]

ウェアラブルコンピュータは、今回も一過性のブームで終わるのか?

2014年4月7日(月)大元 隆志

一度は立ち消えたウェアラブルコンピュータが、なぜ今再び注目を集めるようになったのか。スマートフォンやタブレットの次にくるデバイスなのか。それとも、一過性のブームに過ぎないのか。ウェアラブルコンピュータの意義を考えてみよう。

 前回の記事では、2000年前後にウェアラブルコンピュータのブームがあったと話した。しかし、結局のところ、人々に広く受け入れられるまでには至らなかった。ウェアラブルの代名詞とまで言われたザイブナー社は2005年にチャプター11(自己破産)を申請。同社は1990年創立から15年間、一度も黒字を出せなかったという。PDAもウェアラブル・コンピューティングの担い手にはなりえなかった。

 一度は立ち消えになったウェアラブルコンピュータが再浮上したのは何故か。最大の理由は、技術の進歩だろう。2000年当時のPCを思い出すと、変化の大きさがよくわかる。CPU128MHz、メモリ容量32MB。通信機能はオプション。PHSによる128Kbpsが主流だった。勿論ジェスチャーやタッチパネルはサポートされていない。しかも、1台30万円はしただろう。

写真:2014年1月に米国ラスベガスで開催した、「CES 2014」の基調講演で、米インテルのブライアン・クルザニッチCEOは新型CPU「Edison」を発表した出典:米インテルのプレスリリース)
写真:2014年1月に米国ラスベガスで開催した「CES 2014」で
米インテルは新型CPU「Edison」を発表した
写真は、基調講演に登壇したブライアン・クルザニッチCEO

 当時と比べると、テクノロジーは大きく進化した。

 まず、コンピュータの部品が小型化した。特に、パソコンを手のひらサイズに集積したスマートフォンの存在は大きい。その普及はコンピュータの部品の小型化に拍車をかけた。結果としてデザインの柔軟性が増し、アクセサリに近いデザインが可能になった。例えば、インテルが2014年夏から提供開始するコンピュータ「エジソン」は、なんとSDカードサイズである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
スマートウェアラブルデバイス最新動向一覧へ
関連記事

ウェアラブルコンピュータは、今回も一過性のブームで終わるのか?一度は立ち消えたウェアラブルコンピュータが、なぜ今再び注目を集めるようになったのか。スマートフォンやタブレットの次にくるデバイスなのか。それとも、一過性のブームに過ぎないのか。ウェアラブルコンピュータの意義を考えてみよう。

PAGE TOP