[事例ニュース]

ミツカン、「思考を止めない」分析システムをハードウェア増強で実現

2014年3月28日(金)IT Leaders編集部

ミツカングループは、経営情報分析システムのハードウェア基盤を刷新した。検索処理時間を最大12分の1に短縮する効果が出ている。2014年3月28日、製品を導入した富士通が発表した。

同社は2008年、基幹システム上の販売実績データを分析するためのシステムを導入。経営管理部門や営業部門の担当者が、経営戦略や営業戦略の立案に役立てている。導入以来、システム活用は順調に進んできた。しかし、データ量が増加し、分析手法も多様化するなか、レスポンスの低下が問題となっていた。検索処理に時間がかかると、担当者はそのたびに思考を止められてしまう。分析業務を支援すべきシステムが、逆に業務の妨げになりかねないという懸念があった。

そこで、より性能の高いハードウェアに乗り換えることによるレスポンス改善に踏み切った。具体的には、富士通製のUNIXサーバーである「SPARC M10」を新規に導入。合わせて、ディスクストレージやフラッシュカードを導入することにより、レスポンスの向上を図った。

こうしたハードウェア強化により、営業情報の検索処理時間を6秒から0.5秒に短縮できた。バッチ処理も大幅に高速化したという。

プロジェクトの概要
ユーザー名 ミツカングループ
業種 食品メーカー
導入システム 経営情報分析システム
導入目的 検索処理時間の短縮による分析業務の高度化
導入時期
主な利用製品 「SPARC M10」(富士通製のUNIXサーバー)、「ETERNUS DX 100 S3」(富士通製のディスクストレージ)、「LSI Nytro WarpDrive BLP4-1600」(LSIロジック製のフラッシュカード)
関連記事

ミツカン、「思考を止めない」分析システムをハードウェア増強で実現ミツカングループは、経営情報分析システムのハードウェア基盤を刷新した。検索処理時間を最大12分の1に短縮する効果が出ている。2014年3月28日、製品を導入した富士通が発表した。

PAGE TOP