[スマートウェアラブルデバイス最新動向]

ウェアラブルデバイスの恩恵を受けるのはマニアでなく企業?

2014年4月8日(火)大元 隆志

ウェアラブルデバイスはマニアのもの。そう捉えているとしたら、ライバルに後れを取るかもしれない。デザイン、価格、用途、駆動時間、生活習慣…消費者市場では高いハードルも、業務利用なら比較的容易に乗り超えられる。ウェアラブルデバイスの恩恵を受けるのは、実は企業なのである。

 ウェアラブルコンピュータが、コンシューマ市場で受け入れられるまでには、まだまだ時間を要するだろう。デザイン、価格、用途、駆動時間、生活習慣・・・。一般の人々がデバイスを身に着けて、街中を歩くようになるためには、さまざまなハードルをクリアする必要がある。当面は、テストマーケティングで市場の反応を伺い、ユーザーのフィードバックをもとに、改良を重ねる時期が続くはずだ。

 一方、企業ITの分野では、もっと早く普及するかもしれない。そう筆者は見ている。というのも、業務用途であれば、ウェアラブルコンピュータの課題の多くはクリアできてしまうからだ。

図:仕事と割り切れば、ウェアラブルデバイスも抵抗なく着用できる
図:ユニフォームだと割り切れば、
ウェアラブルデバイスも抵抗なく着用できる?

 例えば、デザイン。会社から与えられた制服に不満を漏らす従業員はほとんどいない。いや、実際にはいるのだろうが、少なくともそれを口には出さないし、少なくとも着用を拒否することはない。同様に、ウェアラブルコンピュータの業務利用が決まっても、恥ずかしいからと抵抗する人はいないだろう。

 業務システムのコンポーネントとして活用するなら、ウェアラブルデバイスの価格が多少高くても問題にならない。全体のシステム構築費からすると、デバイスの占める割合は小さくなる可能性が高いからだ。少なくとも、個人が購入するよりハードルは低い。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
スマートウェアラブルデバイス最新動向一覧へ
関連記事

ウェアラブルデバイスの恩恵を受けるのはマニアでなく企業?ウェアラブルデバイスはマニアのもの。そう捉えているとしたら、ライバルに後れを取るかもしれない。デザイン、価格、用途、駆動時間、生活習慣…消費者市場では高いハードルも、業務利用なら比較的容易に乗り超えられる。ウェアラブルデバイスの恩恵を受けるのは、実は企業なのである。

PAGE TOP