[インタビュー]

「企業が対峙すべきはビッグデータではなくオールデータだ」~米Teradetaのマイク・コーラーCEO

2014年4月3日(木)川上 潤司(IT Leaders編集部)

大規模DWH(データ・ウェアハウス)を基軸に、企業のデータ管理・分析などのソリューションを提供してきたTeradeta。同社は、昨今のビッグデータの潮流をどうとらえているのか。来日したCEO、マイク・コーラ-氏に話を聞いた。(聞き手は川上潤司=IT Leaders編集部)  

─ビッグデータに関する話題が今なお活況だが、それを巡る動きなり定義なりを整理すると、どういうことが言えるのか。

米TeradetaのCEO、マイク・コーラー(Mike Koehler)氏

 企業のさまざまな業務をコンピュータが支援するようになって久しく、社内にはこれまでも多くのデータが蓄積されてきた。例えば、ERPや財務会計のシステムで取り扱うデータ。銀行のATMや、小売業のPOSレジスターを介して発生するデータなどもそうだ。いわばビジネス上の取引を記録した生データである。

 これらをうまく統合することによって、ビジネスユーザー、あるいは企業にとって価値ある知見を導き出せるのでは?と考えるのは自然の流れであり、事実、多くの企業が果敢に挑んできたのは周知の通り。当社としても、エンタープライズDWH(データウェアハウス)に関わるポートフォリオを取り揃え、こうしたニーズに応えてきたと自負している。何が言いたいのかといえば、“ビッグ”という言葉にこだわるなら、これまでも十分に大量のデータを取り扱ってきたわけだ。

 ここ数年で話題となっているのは、先のトランザクションデータとは趣を異にしているものだ。Webシステムのアクセスログ、センサーやマシンが生み出すデータ、人がソーシャルメディアを通じて発するメッセージ…。技術の進展と普及で、とにかく、あちこちで止めどなくデータが生み出される環境ができあがってきた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】新しいタイプのデータでも分析を簡単に
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「企業が対峙すべきはビッグデータではなくオールデータだ」~米Teradetaのマイク・コーラーCEO大規模DWH(データ・ウェアハウス)を基軸に、企業のデータ管理・分析などのソリューションを提供してきたTeradeta。同社は、昨今のビッグデータの潮流をどうとらえているのか。来日したCEO、マイク・コーラ-氏に話を聞いた。(聞き手は川上潤司=IT Leaders編集部)  

PAGE TOP