[木内里美の是正勧告]

変貌するCIOのミッション

2014年4月4日(金)木内 里美

バックエンドからフロントエンドへ。企業ITにとって重要となる領域が変化するのを受け、戦略を統括するCIOのミッションもまた、大きく変わろうとしている。求められる全体感やバランス感覚などを考える。  

 経営とITの関わりは生き物だ。常に同じ状態には留まらない。社内外の制度変更への対応など、毎年のように発生する些細なことを言っているのではない。もっと大きなうねりのように動く変化のことだ。

 企業におけるコンピュータ黎明期には、ITの役割は事務管理や技術計算業務の高速処理だった。これによって人間が計算していた業務を大幅に削減し、計算精度が格段に向上した。コンピュータを扱う専門部署が組織化されたが、CIOなどという役割はなかった。

 その後コンピュータは汎用化が進み、部門単位の個別業務の効率化にも利用されるようになった。大きなうねりのような変化があったのは、インターネットの普及が始まった1990年代の半ばである。廉価になったパソコンが社員全員に配布され、ネットワークで繋がることが常態化した。これに伴いITはコモディティ化し、経営の基盤として必須の環境になっていく。この頃からITをより経営戦略に位置づけて投資する必要性が生じ、日本でもCIOという経営者の役割が求められるようになった。

 このような大きなうねりは15年~20年くらいで起こっている。しかしその間隔は段々短縮されているようだ。ITの進化がそれを速めている。そして今、コンピュータはモバイルとなって移動を始め、IoT(Internet of Things)という概念で様々なものがインターネットに繋がって利活用される姿が現実になりつつある。経営とITは次のステージに入ってきた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連キーワード

CIO

関連記事

変貌するCIOのミッションバックエンドからフロントエンドへ。企業ITにとって重要となる領域が変化するのを受け、戦略を統括するCIOのミッションもまた、大きく変わろうとしている。求められる全体感やバランス感覚などを考える。  

PAGE TOP