[2014年、エンタープライズモバイル最新動向]

今、知っておきたいエンタープライズモバイル関連テクノロジー

2014年4月15日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

モバイルの業務活用が本格化するのに合わせて、ベンダー各社は、それを支えるさまざまな製品・サービスを市場投入している。今、モバイル戦略を考える上で押さえておきたい製品・サービスをまとめた。

 業務プロセスの改革や、顧客接点の創出など、スマートデバイスの業務利用を高度化させるには、業務システムとの連携や、独自アプリの開発が避けて通れない。システム間の連携、品質の確保、セキュリティの維持、多様なデバイスのサポート、脆弱性のチェックなど、クリアすべきハードルはいくつもある。リリース後も、アプリの使用状況をチェックして、継続的に機能改善していく必要がある。これらの課題をクリアするため、ベンダー各社はモバイル活用に関連するツールを徐々に充実させている。以下、主要な製品ジャンルを紹介する。

BaaS(Backend as a Service)

 モバイルアプリといえば、デバイス側のプログラムをイメージしがち。しかし、アプリと同じくらい重要なのが、バックエンドサーバーである。アプリの背後で、データやファイルの保管、ユーザーの管理、プッシュ通知、他システムとの連携といった機能を担う。端末間でデータ共有したり、ユーザー間で交流したりするアプリを作るには欠かせない存在である。

 バックエンドサーバーの構築は、アプリと同じくらい時間も手間もかかる。サーバーやストレージを準備し、データベースやWebサーバーを導入し、ユーザー管理や、データ同期のプログラムを開発する必要がある。アプリとのインタフェースや、セキュリティ、スケーラビリティも考慮しなければならない。こうした作業の負担を軽減するのが「BaaS (Backend as a Service)」である。MBaaS(Mobile Backend as a Service)と呼ぶこともある。

 BaaSは、バックエンド機能を提供するクラウドサービス。データベースやストレージ、ユーザー管理、メッセージング、利用分析といった機能を提供する(表X)。アプリはこれらの機能をAPIやSDKを使って呼び出す。インフラを調達したり、コードを書いたりする必要はない。その分、開発者は競争力の源泉であるアプリに注力できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
2014年、エンタープライズモバイル最新動向一覧へ
関連記事

今、知っておきたいエンタープライズモバイル関連テクノロジーモバイルの業務活用が本格化するのに合わせて、ベンダー各社は、それを支えるさまざまな製品・サービスを市場投入している。今、モバイル戦略を考える上で押さえておきたい製品・サービスをまとめた。

PAGE TOP