[事例ニュース]

Windows XP搭載の業務用PC、2014年6月末には241万台に、IDC調べ

2014年4月7日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2014年4月17日、Windows XP搭載PCの稼働台数の実績と予測を発表した。国内法人市場では、2013年12月末で617万台が稼働する。

図:国内クライントPC法人市場における
OS別稼働台数の予測:
2012 1H~2017 2H

 国内企業で稼働するWindows XP搭載PCは、2013年12月末で617万台。2013年10月時点から463万台減った。国内企業で稼働するPC約3500万台に占める割合は、20.2%から17.1%に減少した。

 サポート終了の告知が浸透したほか、買い替えキャンペーンが奏功し、リプレースが進んだようだ。前回調査では、724万(20.2%)が残存すると予想していた。稼働台数は、出荷台数と廃棄台数をもとに算出した。

 2014年に入ってからも買い替えは順調に進んでいる。2014年6月末には、法人の全PC稼働台数の6.6%、241万台まで減少するとIDCは予測する。

関連記事

Windows XP搭載の業務用PC、2014年6月末には241万台に、IDC調べIDC Japanは2014年4月17日、Windows XP搭載PCの稼働台数の実績と予測を発表した。国内法人市場では、2013年12月末で617万台が稼働する。

PAGE TOP