[事例ニュース]

ふくおかフィナンシャルグループ、CRMシステム刷新し営業活動を高度化

2014年4月8日(火)IT Leaders編集部

福岡銀行、熊本銀行、親和銀行を参加行とするふくおかフィナンシャルグループは、営業活動の高度化・効率化に取り組む一環としてCRMシステムを刷新した。導入を担当したインテックが、2014年4月7日に発表した。

2014年4月、福岡銀行において新システムを稼働させた。2014年8月までに、熊本銀行と親和銀行への展開を完了させる予定。

刷新の目的は、営業活動の高度化・効率化である。新システムは、顧客属性や取引・コンタクト管理、販売支援といった機能を搭載。営業担当者がタブレット端末から利用できるようにした。これにより、顧客ニーズに沿った金融商品を提案したり、その場で契約を完了したりできる。このほか、顧客のライフイベントに応じたキャンペーン実施など、マーケティング戦略の立案にも活用していく。

新システムは、インテックの「エフキューブCRMシステム」を用いて構築した。システム基盤には、「IBM PureFlex System」を採用。グループ3行は、この基盤を、マルチテナント型で利用する。

プロジェクトの概要
ユーザー名 ふくおかフィナンシャルグループ
業種 金融
導入システム CRMシステム
導入目的 営業活動の高度化・効率化
導入時期 2014年4月
主な利用製品 「エフキューブCRMシステム」(CRM)、「IBM PureFlex System」(ハード/ソフト一体型システム基盤)、「SmarterCloud Orchestrator」(運用自動化ソフト)
関連記事

ふくおかフィナンシャルグループ、CRMシステム刷新し営業活動を高度化福岡銀行、熊本銀行、親和銀行を参加行とするふくおかフィナンシャルグループは、営業活動の高度化・効率化に取り組む一環としてCRMシステムを刷新した。導入を担当したインテックが、2014年4月7日に発表した。

PAGE TOP