[新製品・サービス]

富士通、新型SPARCプロセサ搭載のUNIXサーバー3製品を発表

2014年4月8日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

 富士通は2014年4月8日、UNIXサーバー「SPARC M10」シリーズのラインナップを増強した。最新版SPARCプロセサ「SPARC64 X+」を搭載し、従来機より処理性能を最大約30%向上させた。同日より提供開始した。

写真:拡張接続用ラックに格納したSPARC M10-4S
写真:拡張接続用ラックに格納したSPARC M10-4S

 今回発表したのは、「SPARC M10-1」「SPARC M10-4」「SPARC M10-4S」の3つ。いずれも、動作周波数最大3.7GHz、16コアの新プロセッサ「SPARC64 X+」を搭載する。従来機種と比較し、処理性能を30%向上させた。より大規模なシステムの統合や、既存資産のモダナイゼーションなどの用途にも利用できるようにした。

 最上位機種「SPARC M10-4S」は、世代の異なるプロセッサ「SPARC64 X」と「SPARC64 X+」の筐体を同一システム内(最大64CPU/16筐体)に混在させられる。既存のSAPRCサーバーも有効活用できる。「Dynamic Reconfiguration」機能を搭載し、システムを停止することなく、プロセサやメモリーの増設、構成変更などを施せるようにした。また、使用可能なCPUコアをソフトウェアキーの入力で増やしたり、筐体を追加できるようにしたりして、ビジネス規模の拡大にあわせてリソースを増やせるようにした。

関連記事

富士通、新型SPARCプロセサ搭載のUNIXサーバー3製品を発表 富士通は2014年4月8日、UNIXサーバー「SPARC M10」シリーズのラインナップを増強した。最新版SPARCプロセサ「SPARC64 X+」を搭載し、従来機より処理性能を最大約30%向上させた。同日より提供開始した。

PAGE TOP