グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[事例ニュース]

北川工業、海外7拠点にERPを導入、グローバル情報基盤を構築

2014年4月9日(水)IT Leaders編集部

電子部品の製造を手掛ける北川工業は、先ごろ海外7拠点にグローバルERPを導入した。東洋ビジネスエンジニアリングが2014年4月9日に発表した。

 顧客企業が生産拠点を海外にシフトさせるのにあわせて、海外展開を進めてきた。従来は、各拠点にIT調達を任せており、システムを統一できていなかった。結果として、各拠点からの情報収集には時間が掛かり、品質にも満足できていなかった。

 情報の質と鮮度を改善し、経営判断の精度を高めることが、グループの成長に不可欠と判断。2009年3月よりグローバルERP導入プロジェクトを立ち上げた。ERP導入後は、連結決算の早期化や精度向上、グローバル事業基盤の確立といった目的を達成した。

 東洋ビジネスエンジニアリングの「A.S.I.A.(エイジア)」を採用。企画・提案、コンサルティングを含め、設計・開発、保守まで一貫して同社が担当した。

プロジェクトの概要
ユーザー名 北川工業
業種 製造業
導入システム ERPシステム
導入目的 グローバル事業基盤の確立
導入時期 不明
主な利用製品 A.S.I.A.(東洋ビジネスエンジニアリング)

 

関連記事

北川工業、海外7拠点にERPを導入、グローバル情報基盤を構築電子部品の製造を手掛ける北川工業は、先ごろ海外7拠点にグローバルERPを導入した。東洋ビジネスエンジニアリングが2014年4月9日に発表した。

PAGE TOP